ふくみみ「福の日記帳」 個別記事 :: 杏さんが虹の橋を渡りました ::
HOME > 杏蜜の病歴 > 杏さんが虹の橋を渡りました
[ 杏蜜の病歴 記事一覧 ]
杏さんが虹の橋を渡りました
カテゴリー:杏蜜の病歴 投稿者: 投稿時間:22:30:08
前の記事から大変遅くなってしまいましたが、杏さんが壮絶な闘病のすえ
6月21日の朝に虹の橋を渡りました。

杏さんの最後は本当にツライものだったので、記事にするのは
やめようかとも思ったのですが、とても珍しい病気だったようで、
もしかしてこの記事を見て杏さんと同じような症状の子がいたら
少しでも役に立つのではないかと思い書くことにしました。

とても長くなりそうなので飛ばして貰ってもいいです。


5月の中旬辺りに少し杏さんのウンチョスが柔らかいな。と思い始めて
5月20日の夜、少ししんどそうだったので熱を計ると40度。
次の日病院に行って血液検査、レントゲン、エコーを撮って貰ったのが
この前の記事の話です。

CRPがOVERで感染症の抗生物質を頂いて帰る。


5月27日に病院。この1週間のウンチョスはだいぶ柔らかかったです。
血液検査でCRPがまだOVER。


6月1日に病院。ウンチは下痢。何度もアリ。嘔吐も数回アリ。
血液検査でCRPは変わらずOVER。抗生剤注射。
点滴して貰い帰宅。絶食。


6月2日の病院。
点滴。抗生剤注射。絶食。


6月3〜4日入院。
点滴。抗生剤注射。
レントゲン・エコー・血液検査CRPが7.9。だいぶ下がってる!
この日から少し缶詰を食べる。
退院。

ご飯を消化の良い缶詰を与えるけど、食いつきがイマイチ。
杏さんがご飯を残すのは初めて。
熱も相変わらず高いので冷たい所でじっとしていることが多い。
何とか食べて貰おうと根気よくあげると完食。薬もなかなか食べてくれない。
下痢も嘔吐もヒドい。

6月7日に夫と病院。
下痢がどんどんヒドくなってくる。
これまでの症状と検査と抗生剤が効かないというのは癌の可能性も
捨てきれず、違うにしても腸の組織を取って病理検査した方が良いとのこと。
開腹手術をして検査する事に決める。

6月9日〜15日まで入院。
9日手術後の説明を聞きに夫と病院へ。
全部触診してみましたが、特に異常はありませんでしたとのこと。
ただ胃の下側が少し違和感がありましたので、組織を取って検査。
腸も色々な所の組織を取って病理検査に回して貰う。

13日大学病院へ外注していた結果が出る。
大変珍しい病気で大学病院の先生も20年前一度だけ見た事があるほどの
病気であるそう。
その時の患畜も抗生剤が全く効かず亡くなっているらしい。

化膿性組織球性胃炎と全層性壊死性腸炎。

腸の壁は5層で出来ているそうで、その全部が壊死しているらしい。
しかもどの部分でもそう出たそうで、おそらく腸が全部ダメみたいな
感じでした。

先生はとにかく使えそうな抗生剤を順番に使っていってくれて
この日からエラスポールを開始。
症状はあまり良くない。

15日に退院して毎日通院できるようにお願いしてみる。
16日〜19日まで朝病院へ送っていって、夜迎えに行く。
夜だけでも家の方がゆっくり出来てる感じ。
ご飯はあまり食べないのに水をよく飲むようになる。下痢も変わらずヒドい。

頑張ってるあんちん


↑ 注射針が腕に刺さってる状況だけど、家でゆっくりのあんちん!

この辺りから、身体はガリガリなのにお腹がぶよぶよ。
腹水が溜まってきている。
熱も高いし、ご飯は殆ど食べない。
食べられるようなら何でもいいとのことなんで、色々あげてみるが
日に日に何も口にしないようになる。
先生が病院で強制給餌。

症状の改善が見られないので最後の切り札でステロイドを使う事に。
体力がどんどん落ちているので早めの方が良いと20日の夜から
使って貰う事に。
何かあったらすぐに対処出来るように、この日は入院。

21日の朝、容態が急変して心停止。
多臓器不全で亡くなりました。



21日の朝病院からのコールで呼吸停止と言われて駆けつけた時は
杏さんまだ暖かくて、杏さんに謝ることしか出来なかったです。

杏さんが日に日に弱っていく中で、もしもの時
絶対に病院で1人で逝く事だけはさせたくないと願っていたのに、
どうしてこの日家に連れて帰らなかったんだろうって
きっと死ぬまで後悔する。

ごめん。杏さん。。ゴメンね。

やっと記事に出来たけど、今日でまだ杏さんがいなくなって3日。
一昨日より昨日より今日が一番ツライ。
こんなにツライなんて思わなかった。
今まで生きてきた中で一番ツライ。

もしかしたら、もしかしたらって頑張ってきたけど
杏さんはとってもしんどかったと思う。
1日に何本も注射打たれて、1日5時間も点滴受けて
家にも帰られず、オカンの為にいっぱい頑張ってくれたんだなって。

治るかもしれないって思ったんだよ。
ホントにゴメンね。

あんちんのラストショット


↑ 杏さんの最後の1枚。

太って見えるけど頭までガリガリでした。

もっと優しくしてあげるんだったな。
もっと色んなところに行きたかったな。
おばあちゃんになった杏さんもいっぱい見たかったな。

ホントにもういないんだなぁ。
会いたいよ。

またね



杏さんの様子がおかしいなと思ってから亡くなるまで約1ヶ月でした。
下痢と嘔吐が酷くなってきてご飯食べなくなってきて腹水が溜まって
熱も下がらなくって、日々どんどんスゴイスピードで悪くなっていきました。
ちょっと下痢だなって思っても軽く見ないで早めに病院を受診してくださいね。

もしかして杏さんと同じ病気でも、たくさんの症例があればなにか
解決策に行き着くかもしれません。

杏さんが亡くなった事が無駄にならず、先生の糧になって次の子に
繋がれば良いなと思います。

皆さん杏さんを可愛がってくれてありがとうございました。
杏さんは9歳半でした。

コメント書込 | トラックバック
トラックバック
トラックバックはありません
お気軽にどうぞ
コメント
2015年06月23日 23:25:47 投稿者:さく
お疲れさまでした。あんちんも福さんもホントによく頑張りました。
最期、あんちんに会えずじまいでしたが、写真を見る限り辛そうです。
なので、私の中では元気に走ってるあんちんを永遠に覚えていきます。

結局、病名はわかったものの、原因はわからないんだよね?原因がわかれば、対処も出来るような気がしますが…。あんちんの死が無駄にならないように先生方には頑張って頂きたいです。
コーギーは、特殊な病気にかかる事が多いって聞きます。10年後にはそんな特殊な病気のひとつでも治る時代がきてることを祈ります。

なかなかペットロスからは立ち直れないと思う。
でも、しばらくはそれでいいと思うよ。
ただ、自分を責めてはいかん!福さんが責めてる限り、私だってめいのこと、後悔しまくりで責めまくります。
精一杯の看病してもらって、あんちんもきっと喜んでる。絶対。
今は体が楽だよ〜って、その辺で寝てるはずよ!
気配はなかなか消えないけど…
でも、49日頃急に何かが吹っ切れるはず。
ちゃんと成仏できたんだって思う瞬間がくるよ。
今頃、めいとあんちん天国で、泣き虫な母ちゃんたちだね〜って笑ってるんじゃない?
泣かずに最後まで読もうと思ってたけど勝手に涙が出るんだもん。
直接会って話したい事を長々と書いちゃったけど、きっと顔見たら言葉にならないと思って。

とにかく。

ちゃんとご飯食べなきゃダメよ!

って一番伝えたい!

食べなきゃ強制給餌するよ〜♪

あと、さみしくて辛くて耐えれなくなったらいつでも連絡して!
2015年06月24日 22:25:54 投稿者:ミドリ
スイマセン、うまく言葉にできません・・・

杏さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
2015年07月03日 08:37:02 投稿者:福
さく>
色々気にしてくれてありがとう。
杏さんが旅立ってもうすぐ2週間です。
毎日会いたい会いたいって泣いてます。
どれぐらい経てば笑えるようになるのかなぁ。

ミドリさん>
突然の旅立ちで私も感情の整理ができてません。
また落ち着いたら蜜柑とも遊んでくださいね。
この記事へコメントする

Comments must be approved before being published.



この記事へのトラックバックURL

http://fuku-mimi.tank.jp/cgi-bin/nc/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3838